いすといすとは、長崎県大村市にある、草木染SHOPです。
自然豊かな山沿いの古い民家を自分たちで改装し、店舗と工房として日々作業しています。
のどかな風景と、草木染の作品たちをゆっくり堪能できる場所としてお楽しみいただけるよう空間つくりに励んでいます。

【草木染】
私達は、「色」を大切にしています。
1つの染料から様々な色を出したり、 2種類、3種類と「染め重ね」をしてどんどん深みのある複雑な色合いに仕上げていく。
そこで私たちが出せる独自の色を日々探求しています。

【草木染との出会い】
子供の頃から「染める」という事が身近にありました。と言っても染め物屋さんに産まれたという訳ではないのですが。。
祖母が趣味で毛糸を染め粉(化学染料)で染めたりしており白い衣類があると「染め粉で染めれば大丈夫」
という言葉をよく言っていました。
さらに兄の影響でPUNKなどの音楽にはまり、PUNKバンドの人らはTシャツをハイターに漬けブリーチして染め粉で染める、かっこいい物が欲しいなら自分で作るという発想がありました。
それは20代になっても常に自分の中にあり、 ある日ネットで草木染という言葉を知りました。
その色目は本当に魅力的で、PUNKを知った時と同じくらい衝撃を受け、自分でもやりたいという欲求にかられました。

独学で試行錯誤して行くなかで、参考になりそうな草木染Tシャツを探していた頃に、京都にある「tezomeya」さんの色目をみて感銘を受け、さらに草木染の色にのめり込んでいきました。

基礎的な部分の染色工程は、「tezomeya」さんに教えて頂きました。
その後、さらに独自にさまざまな工程の工夫や色味の変化など、今のISTISTの色目を作っていきました。
今もなお、日々複雑な色目を探求し続けています。

【日々のしごと】
生地選びから縫製・染色までの作業をほぼ一貫して行っているものが多いです。
そのため奥ではミシンの音、工房の方では湯気が立ち込めています。
モノつくりのかたわら、毎月テーマに沿った草木染体験を開催しています。

【製品について】
ご購入後もその先も・・・ .
草木染め製品は色落ちしてもかっこよく。 褪せてきても、更に上から染め重ねることで新たな色に生まれ変わります。
購入後のアフターメンテナンスを行い、 長く着ていただくお手伝いを致します。


いすといすと-天然染料染物店-

長崎県大村市中岳町1426
TEL:0957-46-3922
営業時間:10:00~17:30
定休日: 水曜日・日曜日
駐車場:4台有

共有:

© 2021 いすといすと‐天然染料染物店‐