いすといすとでは色味の探求を続けています。 1つの染料から色々な色の出方を試してみたり、 別の染料を染め重ねてみたり。 そうして様々な“色”を作っています。

いすといすとの色づくり
全て草木による手染めを行っています。1つの染料から染める色は勿論のこと、染め重ねによるより深みのある色もいすといすとらしさとして親しまれています。
生地との相性
以下の色味は、生地によって、染まる色の風合いや濃度は変わってきます。生地との相性で、濃く染まるものもあれば、淡くなるものもあります。参考としてご覧ください。
日々の色の探究
常に、かっこいい色を求めて探求し続けています。この色見本が、完成することの無いよう、それでいて一つ一つがしっかりとした色になるように今後も作り続けていきます。
 

インド茜

茜という植物の根を煮出し染色しています。 根が赤いから茜という名前になったといわれていて柔らかな赤に染まります。

紅梅色(こうばいいろ)

紅梅の花のような色目で、明るく優しい赤系統です。

小豆色(あずきいろ)

インド茜を鉄媒染によりくすませてます。ワインレッドに近い、渋く妖艶な色です。

インド藍

世界中で親しまれている「藍染」です。草木染にあまり馴染のない方でも言葉を聞いたことがあると思います。ソーダ灰とハイドロサルファイトを使用した「化学建て」で染色します。

群青色(ぐんじょういろ)

やや紫みを帯びた深い青色。何度も藍を染め重ねて深く深く染めています。

勿忘草(わすれなぐさ)

江戸時代からの色名です。明るくも淡い青。優しい色合いです。

石榴 ざくろ

石榴の実の皮を煮出して染めています。石榴というと実の赤をイメージしがちですが温かみのあるくすんだ色に染まります。

黄はだ色(きはだいろ)

少しくすんだ、明るい黄色です。

老竹色(おいたけいろ)

見る場所によってはカーキ~グレーの不思議な色合いです。

柳茶色(やなぎちゃいろ)

茶がかった、灰色をおびた鈍い黄緑色。

檳榔子 びんろうじ

檳榔樹(びんろうじゅ)というヤシの木の種です。この植物も歴史が古く南北朝時代には染色に使用されていたそうです。

桜鼠色(さくらねず)

くすみがあり柔らかいピンクベージュ。春にぴったりの色です。

楊梅 やまもも

楊梅の樹皮を煮出します。染料以外にも打撲傷等に効く漢方としても使用されています。

柑子色(こうじいろ)

ターメリックイエローのような濃い黄色です。服としても人気のカラーです。

海松色(みるいろ)

ヤマモモを鉄で媒染することにより、深いカーキ色に。経年後の色の変化も人気です。

丁子 ちょうじ

別名:クローブ。カレーのスパイスとしても使われます。染色中は甘い香りが立ち込めます。

香色(こういろ)

優しいクリーミーなサンドカラーです。やや黄色味があり、可愛い色です。

ログウッド

ログウッドという木の芯材。日本には明治になり輸入された比較的新しい(といっても100年以上の歴史はありますが)植物染料です。ヘマトキシリンという色素が含まれていてヘマチンとも呼ばれています。

消炭色(けしずみいろ)

黒に近い、深いグレーです。煙がかかったような独特な靄のかかる色合いです。

五倍子 ごばいし

昔お歯黒にも使用されていた五倍子。ヌルデの木にできた虫こぶです。鉄で媒染することにより、赤味のあるとてもきれいな色が染め上がります。

淡藤色(あわふじいろ)

やや紫がかった優しいグレー。

滅紫色(けしむらさきいろ)

染色工程の中での媒染方法やアルカリ性にするなどして赤黒さをより引き出した色です。重厚感のある深いグレーに仕上げました。

矢車 やしゃ

ヤシャブシ。殺菌作用があることから、乾燥させた球果の煎液で火傷や凍傷の患部を洗い、皮膚の炎症を抑える薬として使われてきました。五倍子にかわるお歯黒の染料としても使われました。

橡鼠色(けつるばみねずいろ)

やや黄味がかったグレー。暗すぎず、明るすぎずのとても渋いこっそり人気カラーです。

刈安 かりやす

緑実の鮮やかな黄色の植物。イネ科の植物でススキによく似ています。名前のゆらいは刈り易いという所からきているそうです。

刈安色(かりやすいろ)

明るい黄色。澄んだ色で、明るく華やかです。

~染め重ねによる色~

紅藤色(べにふじいろ)

インド茜と五倍子

明るくも上品な紫系統の色です。 茜の分量を調節し、絶妙な紫ピンクに仕上がりました。

二人静 ふたりしずか

インド茜と五倍子

同じインド茜と五倍子ですが、アルカリで紫味を強く出し、深い紫~茶色に仕上げました。

曙色(あけぼのいろ)

インド茜と石榴

ぱっと明るく、夕焼けのような赤みが強めのオレンジです。

煤竹色(すすたけいろ)

インド茜と楊梅

5日ほどかけてじっくり染色。内側から赤みやカーキが見え隠れする深い茶色です。

木賊色(とくさいろ)

楊梅とインド藍

楊梅のくすんだ黄色系統のいろによりダークな緑に仕上げました。

若草色(わかくさいろ)

石榴とインド藍

黄緑に近く、若葉を連想させるとてもポップでやわらかい色です。

紺鉄色(こんてついろ)

ログウッドとインド藍

藍染の後にログウッドを染め重ねます。暗さの中にも鮮やかな青みが残り、濃紺に。

鉄鼠色(てつねず)

楊梅とインド藍

楊梅で海松色に染色後、藍を何度も重ね、ほぼ黒に近い色に。見るところでは緑がかったように見えたりと一見黒でも味わい深い色です。

共有:

© 2021 いすといすと‐天然染料染物店‐