メニュー 閉じる

染料と色のコト

ISTISTでは色味の探求を続けています。
1つの染料から色々な色の出方を試してみたり、
別の染料を染め重ねてみたり。
そうして様々な“色”を作っています。
ISTISTの色づくり
ISTISTでは、全て草木による手染めを行っています。1つの染料から染める色は勿論のこと、染め重ねによるより深みのある色もISTISTらしさとして親しまれています。
生地との相性
以下の色味は、オーガニックコットン生地を染色したものを色見本としています。生地によって、染まる色の風合いや濃度は変わってきます。
日々の色の探究
常に、かっこいい色を求めて探求し続けています。この色見本が、完成することの無いよう、それでいて一つ一つがしっかりとした色になるように今後も作り続けていきます。

紅梅の花のような色目で、明るく優しい赤系統です。茜という植物の根を煮出し染色しているのですが、この茜には「日本茜」「西洋茜」「インド茜」と様々あり、どれも赤系統には染まるのですが、含まれるている色素が異なりそれぞれに違いがあります。ISTISTではインド茜を使用。

インド藍の化学建てでの藍染めです。草木染にあまり馴染みがない方でも藍染と言う言葉を耳にした事がある方は多いと思います。古くから世界中で親しまれており、Tシャツ、バッグ、手拭いとアイテム問わず相性も抜群な人気の色目です。

石榴(ざくろ)の実の皮を煮出して染め上げる色目です。少しくすんだ落ち着きのある黄色です。

黒に近い灰色。または色褪せした黒という色目です。イメージとしては最初から古着という感じです。ビンテージ好きな人に強く勧めたい色です。ログウッドという木のチップを使っています。

楊梅(やまもも)で染め上げる色目です。石榴よりさらにくすんでいて、とても深く渋い色になります。

五倍子(ごばいし)を煮出し、鉄媒染により発色します。江戸時代にはお歯黒に使用されていたそうです。若干赤味のある柔らかい灰色です。

五倍子(ごばいし)をアルカリ性の水で煮出し、媒染の分量を調節して赤黒さを強く出しています。浅威紫よりさらに重厚で暗い色目です。

楊梅(やまもも)を鉄媒染しております。カーキに近くとても合わせやすい色目です。

刈安という植物で染色しています。煮出すと甘茶のようないい香りがして、とても澄んだ綺麗な黄色に染め上がります。

インド茜を鉄媒染によりくすませてます。ワインレッドに近い、渋く妖艶な色です。

丁子を使用しています。別名のクローブの方がスパイス等で馴染みがあるかと思います。色の名前の通りとても甘い香りが漂う染料で、柔らかいクリーミーな色目です。

楊梅染めでつくる、「みるいろ」。路考茶よりさらに暗めの深いカーキはリメイク染めでも人気の色です

楊梅(やまもも)とインド茜による染め重ねです。煤けた竹のような茶色で深く渋くかっこいいです。

檳榔子(びんろうじ)というヤシの木の種を使用しています。くすんでいながらも地味にならない可愛らしいピンクです。

矢車(やしゃ)を使って暗すぎず明るすぎず絶妙な灰色に染め上げる色目です。

藍染めの後にログウッドで灰色~黒を染め重ねる紺色です。暗さの中にも鮮やかな青味が残ります。シミや色落ちを隠すのにも最適な色目です。

石榴(ざくろ)で染色し、インド藍を薄く染め重ねます。黄緑に近く春を連想させるとてもポップで柔らかい色目です。

藍染めと楊梅(やまもも)の染め重ね。楊梅のくすんだ黄色系統の色によりダークな緑に仕上がります。

五倍子(ごばいし)とインド茜を使用しています。茜の加減を工夫して、明るくも上品な紫系統の色目です。

深い紫まで近づけた、五倍子と茜の染め重ね。ログウッドで作る深さとはまた別の風合いになります。

インド茜にログウッドを染め重ねたくすんだ色目です。紫のような灰色のような。。明るくなる直前の夜明けの空を指す色目です。

石榴(ざくろ)とインド茜の染め重ね。少し赤みのある黄色で、穏やかさを感じさせる色目です。

石榴(ざくろ)とインド茜の染め重ねで近衛柿より赤みが強いオレンジです。

楊梅(やまもも)とインド茜、インド藍と3つの染料を染め重ねます。緑系統のくすんだ暗い色目です。

楊梅(鉄)での染色後インド茜での染色を4日間と時間はかかりますがとても渋く深いごげ茶色になります。